定期的に受診

歯の手入れ

どれだけケアしていてもどうしてもできてしまう虫歯、悩まされたことがないという方の方が少ないはずで、だいたいの人は大なり小なり苦しめられた経験があるかと思います。
そして虫歯になって嫌なのは痛みであり、それ以上に歯科医での治療と答える人は一定の年齢を超えた人は多いはずです。
どうして一定の年齢かといえば、今は歯科医療の技術が進歩してきて昔のように痛みを感じることが少なくなってきているからです。
そもそも昔だって麻酔を使っているので、実際に施術中に痛みを感じることはなく、その後や施術中の音といったものに恐怖心をあおられ、トラウマが植えつけられたようなものです。
では今はどうなのか、技術進歩によって大きく変わってきています。

今、虫歯の治療は大きな変化を迎えていて、ヒールオゾンといって塩素よりも強いオゾンの殺菌力を利用して、もしくはカリソルブといって特殊な薬剤で虫歯部分のみを溶かすという治療が生まれて、そもそも削ることをしなくなっているのです。
そして削るとしても患部だけで、昔は詰め物や被せ物をするために健康な部分を削ってもいたのですが、最近は専用の接着剤を使うために必要な部分だけでよくなっているのです。
他にもホワイトニング系の医療では歯の絆創膏とも言われるシートが出てきて、歯を綺麗にした後にそれを張り付けて、再びプラークに汚されることを防ぐことができるようになったのです。
日々、進化し続ける歯科医療、お好みのものを選んでしっかりと治療してください。